このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ子どもと子どもの本> 決定!第38回うつのみやこども賞『嘘吹きネットワーク』

決定!第38回うつのみやこども賞『嘘吹きネットワーク』

「第38回うつのみやこども賞」に、久米絵美里さんの『嘘吹きネットワーク』(PHP研究所)が選ばれました!


「うつのみやこども賞」は昭和59年からスタートした歴史ある児童文学賞です。
 宇都宮市内に住んでいる小学校5年生・6年生の選定委員たちが年間40冊の作品を読み、
全10回の選定会議を経て「友達にすすめたい本」に贈る賞です。
今年度は15名のこどもたちが選定委員として活動してくれました。

 

選定委員たちの感想より

  • SNSについて、とても考えさせられる本でした。
  • 嘘がどんどん拡散され、こわいと思った。
  • 正義感が強くて、クラスの問題を解決しようとする理子のことを応援したくなった。
  • 錯の「嘘吹き」の能力は本当にあったら便利だと思う。
  • ネットのこわさが、お話を通して分かりやすく伝わったので、いろいろな人に読んでほしいと感じました。
  • 嘘か本当かはたしかに大切だけど、いちばん大切なのは、周りの人が気持ちよくいられることだと思った。
  • 言葉や文字で相手を傷つけないためにも、主人公たちの「カワウソの懐中電灯」を守ろうと思いました。

うつのみやこども賞のページへのリンク
https://www.lib-utsunomiya.jp/viewer/info.html?id=118

PHP研究所『嘘吹きネットワーク』のページへのリンク
https://www.php.co.jp/books/detail.php?isbn=978-4-569-78964-4

掲載日 令和4年4月5日
【アクセス数